アレクサンダーフレミングのカビは、大量生産に十分な速さでペニシリンを生産できませんでした。 ラボワーカーの「カビの生えた」メアリーハントが食料品店でカビの生えたマスクメロンをテストし、今日すべてのペニシリンを生産するために使用されている菌株を発見したのは15年後のことでした。

モルディメアリーとマスクメロンそれはよく知られた話であり、医療のセレンディピティの例です。 アレクサンダーフレミング(1881-1955)は、夏休みの後に研究室に戻り、ブドウ球菌の成長板がカビで汚染されていることを発見したスコットランドの微生物学者です。 カビが成長しているところはどこでも、細菌細胞は殺されていました。 抗生物質…

アレクサンダーフレミングのカビは、大量生産に十分な速さでペニシリンを生産できませんでした。 ラボワーカーの「カビの生えた」メアリーハントが食料品店でカビの生えたマスクメロンをテストし、今日すべてのペニシリンを生産するために使用されている菌株を発見したのは15年後のことでした。 続きを読む»