1933年、アメリア・イアハートとエレノア・ルーズベルトはホワイトハウスのイベントに参加し、気まぐれにゲストをジョイライドのために捨てました。 両方とも交代で飛行し、ルーズベルトは後に「イブニングドレスとスリッパを履いた女の子が夜に飛行機を操縦できるとき、それはエポックをマークしますね」と述べました。