2015年、プリンスはレコードレーベルが嫌いなことを表明し、「レコード契約は奴隷制のようなものです。言葉を言うつもりです。」 彼は「若いアーティストには…署名しないでください」と結論付けました。 当時、彼はアーティストがストリーミングサービスから直接支払いを受け、仲介者を排除するのを見ることを提唱していました。

プリンスは土曜日の夜、ミネアポリスにあるペイズリーパークスタジオでの会合で、10人のジャーナリストのグループに「レコード契約は奴隷制のようなものだ」と語った。 彼のグループへの売り込みは単純でした。典型的なレコード会社の契約は、アーティストを年季奉公に変え、その方法をほとんど制御できません…

2015年、プリンスはレコードレーベルが嫌いなことを表明し、「レコード契約は奴隷制のようなものです。言葉を言うつもりです。」 彼は「若いアーティストには…署名しないでください」と結論付けました。 当時、彼はアーティストがストリーミングサービスから直接支払いを受け、仲介者を排除するのを見ることを提唱していました。 続きを読む»