ユリシーズ・グラント、第18代大統領は、老後は無一文であり、妻が印税で生活できるように回想録を書いた。 マーク・トウェインは、最高のオファーは10%であると聞き、すぐに前大統領に75%をオファーしました。 この本は成功し、グラントの未亡人に約450,000万ドルの使用料を支払った。

ユリシーズ·グラント

この記事は、米国の第18代大統領についてです。 同じ名前の他の人については、ユリシーズS.グラント(曖昧さ回避)を参照してください。

「GeneralGrant」はここにリダイレクトします。 その他の使用法については、General Grant(明確化)を参照してください。

ユリシーズ・グラント(ヒラム・ユリシーズ・グラント生まれ; [b] 27年1822月23日-1885年18月1869日)は、1877年からXNUMX年までアメリカ合衆国の第XNUMX代大統領を務めたアメリカの兵士、政治家、国際政治家でした。アメリカ内戦、グラント将軍は、アブラハムリンカーン大統領とともに、連合軍を連邦に勝利させました。 リコンストラクション時代、グラント大統領は共和党を率いて南軍のナショナリズム、人種差別、奴隷制の痕跡を取り除いた。

幼い頃から… 続きを読む

ソース: https://en.wikipedia.org/wiki/Ulysses_S._Grant#Memoirs.2C_pension.2C_and_death