貧しい人々に施しを配ったことでローマの知事によって焼き網で火刑に処されたセントローレンスに会いましょう。 長い間アメフトで焼かれた後、彼は「私はこちら側でよくやった。 私をひっくり返して!」と、コメディアンの守護聖人になりました。

セントローレンス

この記事は、3世紀のキリスト教の殉教者についてです。 セントローレンスと呼ばれる他の人々や場所については、セントローレンス(曖昧さ回避)を参照してください。

参照:San Lorenzo

セントローレンスまたはローレンス(ラテン語:ローレンティウス、点灯。「月桂樹」;西暦31年225月10日– 258年258月257日)は、シクストゥスXNUMX世の迫害で殉教した、イタリアのローマ市のXNUMX人の執事のXNUMX人でした。ローマ皇帝バレリアンがXNUMX年に命じたキリスト教徒。ローレンスは、カエサラウグスタ(現在のサラゴサ)で、ギリシャ出身で最も有名で高く評価されている教師のXNUMX人である将来の教皇シクストゥスXNUMX世に出会いました。 最終的に、両方ともスペインを離れてローマに向かった。 シクストゥスがXNUMX年に教皇になったとき、彼はローレンスを執事として叙階しました、そしてローレンスは…
続きを読む

ソース: https://en.wikipedia.org/wiki/Saint_Lawrence

「貧しい人々に施しを配ったことでローマの知事によって焼き網で火刑に処されたセントローレンスに会いましょう。 長い間アメフトで焼かれた後、彼は「私はこちら側でよくやった。 私をひっくり返しなさい!」そしてコメディアンの守護聖人になりました。」

  1. "彼が何をした?"

    「彼は貧しい人々にお金を与えていました。」

    「貧しい人々にお金を与える?! 彼らが彼を拷問して死に至らしめたのは幸運だった!」

  2. バスカービルのウィリアム卿は、ホルヘとの非公式の討論の間に、教会の敵を混乱させるために使用され、したがって神の目に受け入れられるユーモア(したがって笑い)の例として、*バラの名前*で彼に言及しています。 彼はまた、生きたまま沸騰していた別の殉教者に言及し、捕虜に水が少し冷たすぎると言いました。 船長が手を水に入れると、とても暑かったのでやけどを負った。

  3. モントリオール(セントローレンス川沿い)が世界最大のコメディーフェスティバルを主催しているという事実は、今ではさらに理にかなっています。

  4. 彼の本当の犯罪は、ローマ皇帝がつかむことを望んでいた教会の富を与えることでした。 当時、キリスト教は合法ではなく、教会の所有物を押収し、司祭や司教を殺害することがその日の順序でした。

    ローレンスの慈善団体が彼を殺したのではありませんでした。少なくとも皇帝によれば、彼は彼のものではないもので慈善活動を行っていたのです。 それが彼をリブのラックのように成し遂げた理由です。