ホーム » 人と社会 » 宗教と信念 » 貧しい人々に施しを配ったことでローマの知事によって焼き網で火刑に処されたセントローレンスに会いましょう。 長い間アメフトで焼かれた後、彼は「私はこちら側でよくやった。 私をひっくり返して!」と、コメディアンの守護聖人になりました。

貧しい人々に施しを配ったことでローマの知事によって焼き網で火刑に処されたセントローレンスに会いましょう。 長い間アメフトで焼かれた後、彼は「私はこちら側でよくやった。 私をひっくり返して!」と、コメディアンの守護聖人になりました。

セントローレンス

この記事は、3世紀のキリスト教の殉教者についてです。 セントローレンスと呼ばれる他の人々や場所については、セントローレンス(曖昧さ回避)を参照してください。

参照:San Lorenzo

セントローレンスまたはローレンス(ラテン語:ローレンティウス、点灯。「月桂樹」;西暦31年225月10日– 258年258月257日)は、シクストゥスXNUMX世の迫害で殉教した、イタリアのローマ市のXNUMX人の執事のXNUMX人でした。ローマ皇帝バレリアンがXNUMX年に命じたキリスト教徒。ローレンスは、カエサラウグスタ(現在のサラゴサ)で、ギリシャ出身で最も有名で高く評価されている教師のXNUMX人である将来の教皇シクストゥスXNUMX世に出会いました。 最終的に、両方ともスペインを離れてローマに向かった。 シクストゥスがXNUMX年に教皇になったとき、彼はローレンスを執事として叙階しました、そしてローレンスは…
続きを読む


ソース: https://en.wikipedia.org/wiki/Saint_Lawrence

コメント