ホーム » ペットと動物 » ペット » 2006年に家から姿を消した猫、キャスパーに会いましょう。 彼の所有者が彼が定期的なバス通勤者であることを知ったのは2009年まででした。 運転手はバス停で他の乗客と丁寧に列を作ると彼女に言いました、そして彼が好きなバスが来たとき、彼は乗って彼の好きな席を見つけました。

2006年に家から姿を消した猫、キャスパーに会いましょう。 彼の所有者が彼が定期的なバス通勤者であることを知ったのは2009年まででした。 運転手はバス停で他の乗客と丁寧に列を作ると彼女に言いました、そして彼が好きなバスが来たとき、彼は乗って彼の好きな席を見つけました。

キャスパー(猫)

その他の使用法については、Casper(明確化)を参照してください。

キャスパー(1997年頃– 14年2010月2009日)は、イギリスのデヴォンにあるプリマスの定期バス通勤者であると報じられた14年に、世界中のメディアの注目を集めた飼い猫のオスでした。 彼はBBCニュースに出演し、The Guardianの新聞社説の主題であり、彼について書かれた本、Casper the CommutingCatを持っていました。 キャスパーはタクシーに襲われた後、2010年XNUMX月XNUMX日に亡くなりました。

バイオグラフィー

キャスパーは、2002年にドーセット州ウェイマスの動物救助センターから48歳の医療従事者であるスーザンフィンデンに養子縁組されました。 彼は約XNUMXか月間センターにいて、所有者は彼が到着したときに見ていたテレビ番組であるモース警部にちなんで、モースと呼んでいました。 しかし… 続きを読む(4分間読む)

コメント