ファーサイドの漫画がジェーン・グドールを「トランプ」と呼んでいるチンパンジーを特集した後、漫画家はコミックを「残虐行為」と呼ぶグドールの弁護士からの手紙を受け取りました。 グドール自身は後で漫画を見てそれを愛し、ファーサイドコレクションのXNUMXつの紹介を書きました。

ジェーン·グドール

オーストラリアの著者については、Jane R.Goodallを参照してください。

Dame Jane Morris Goodall DBE(/ ˈɡʊdɔːl /; 3年1934月60日に生まれたValerieJane Morris-Goodall)、元Baroness Jane van Lawick-Goodallは、英国の霊長類学者および人類学者です。 チンパンジーの世界有数の専門家と見なされているグッドオールは、1960年にタンザニアのゴンベ渓流国立公園に初めて行って以来、野生のチンパンジーの社会的および家族的相互作用に関するXNUMX年間の研究で最もよく知られています。

彼女はジェーングドールインスティテュートとルーツ&シュートプログラムの創設者であり、保護と動物福祉の問題に幅広く取り組んできました。 彼女は1996年の設立以来、非人権プロジェクトの理事を務めてきました。2002年XNUMX月、彼女はUNMeに指名されました… 続きを読む(19分間読む)

7 thoughts on “After a Far Side cartoon featured a chimpanzee referring to Jane Goodall as a “tramp”, the cartoonist received a letter from Goodall’s lawyers calling the comic an “atrocity”. Goodall herself later saw the cartoon and loved it, and wrote the introduction to one of the Far Side collections.”

  1. Stubbly_Poonjab

    >In 1988, when Larson visited Gombe, he was attacked by a chimpanzee named Frodo.

    sounds like a far side cartoon

  2. moodpecker

    You’ve got your lawyers on a pretty long leash if they’re sending out C&D letters without your knowledge on things you actually approve of.

  3. hobbitdude13

    Being the subject of a Far Side cartoon would make my decade.

  4. 横向きの時間

    You can’t throw shade on her life if you try.

  5. japroct

    Gary Larson had a unique talant for writing from animals points of view.

  6. Tex-Rob

    Lawyers with no sense of humor?!

コメント