1986年、70人のロシアの航空会社のパイロットが、視界なしで飛行機を着陸させることができるかどうかについて議論しました。 メインパイロットは窓越しにカーテンを引いて、できると主張した。 その後、飛行機は滑走路を逃し、XNUMX人の乗客をひっくり返して殺した。

アエロフロートフライト6502

アエロフロート6502便は、ツポレフTu-134Aが運航するスヴェルドロフスク(現在のエカテリンブルク)からグロズヌイへのソビエト国内旅客便で、20年1986月70日に墜落しました。94人の乗客と乗組員のうちXNUMX人が死亡しました。 調査員は事故の原因をパイロットの過失であると判断しました。

背景

134年62327月28日に製造されたシリアル番号1979のTu-6502A航空機の乗組員は、機長のアレクサンダークリウエフ、副操縦士のジェナディジルノフ、航海士のイワンモコンコ、航空機関士のキュリカムザトフ、およびXNUMX人の客室乗務員で構成されていました。 エカテリンブルク(当時はスヴェルドロフスク)のコルツォヴォ空港を出発し、グロズヌイに向けて出発したXNUMX便は、サマラのクルモチ空港(当時はクイビシェフ)に途中降機しました。

... 続きを読む(2分間読む)

5 thoughts on “In 1986, two Russian airline pilots got into an argument over wether one could land the plane without vision. The main pilot pulled the curtains over the windows, insisting he could. Then, the plane missed the runway, flipped and killed 70 of the passengers”

  1. drunkpunk138

    There are moments in life where I can’t help but think, “is it really worth arguing over this?”. This is one of those moments I’d probably let him have it.

  2. BKStephens

    “Best two out of three?”

  3. Fantastic-Bug-6028

    Curtains in a plane tho

  4. couldof_used_couldve

    “we landed, told you”

    But we…

    “We did a 180 backflip, I know I know, I should stop showing off”

  5. sleepyprojectionist

    I’m not suggesting anyone try it, but with synthetic vision and GPS approaches, I dare say this is probably very doable nowadays.

    Runways with CAT III approaches allow landing in very low visibility for properly equipped aircraft and a crew trained in the procedure. A lot of airliners nowadays have an autoland feature and would be able to land in thick fog with zero intervention from the flight crew.

    Airbus’ ATTOL project takes this a step further. They developed a camera system to augment the autopilot so that an A350 was able to taxi, take-off, navigate and land completely autonomously.

コメント