ホーム » 未分類 » タイタニック号の主任パン屋であるチャールズ・ジョーキンは、船が沈んだときにウイスキーのボトルを丸ごと飲み、-3°Cの海で2時間過ごした後、生きたまま救助されました。

タイタニック号の主任パン屋であるチャールズ・ジョーキンは、船が沈んだときにウイスキーのボトルを丸ごと飲み、-3°Cの海で2時間過ごした後、生きたまま救助されました。

タイタニックのチーフベイカー、チャールズ・ジョーキンのバダスストーリー

そして、チャールズ・ジョーキンは誰ですか?

A Night to Rememberと1997年の大ヒットタイタニック映画の両方に描かれているチャールズ・ジョーキンは、レールの側面にぶら下がっている酔っぱらいとして示されています。

彼はタイタニック号の主任パン屋でもあったので、遠洋定期船が下り始めたとき、彼は自分が救われる人ではないことを知っていました。

タイタニック号の沈没中に、ジョフィンと他のシェフは、救命ボートに乗せるために食料と物資を運ぶ仕事を自分たちに割り当てました。 スチュワードや他の船員とともに、ジョフィンは女性と子供たちが救命ボートに乗るのを手伝いました。 しばらくして、甲板上の女性たちがタイタニック号に乗った方が安全だと言ってボートに行くことを拒否したとき、彼は続けて彼らを強制的に育てて投げ入れました… 続きを読む(4分間読む)

コメント