スタテンアイランドの65%は、1993年にニューヨーク市の他の地域からの脱退に投票しましたが、州議会によって彼らの努力が阻止されました。

ニューヨークでの分割と分離

「大都市」はニューヨーク州議会の行動の結果として存在し、そのため、同じメカニズムによってサイズを縮小することができます。 スタテンアイランドの自治区で拘束力のない国民投票が1993年に開催され、市からの離脱を許可すべきかどうかが検討されました。 ニューヨーク市政府とデイビッド・ディンキンス市長は投票に反対し、市が国民投票を支持する内政自治メッセージを発行しない限り、国民投票は州によって許可されるべきではないと主張した。 マリオ・クオモ知事は反対し、投票は進みました。 最終的に、スタテンアイランドの住民の65%が、スタテンアイランドを独立した都市にする新しい市憲章の承認により、離脱に投票しましたが、実施は阻止されました… 続きを読む(2分間読む)

「スタテンアイランドの14%が、65年にニューヨーク市の他の地域から脱退することを決議したが、州議会によって彼らの努力が阻止された」という1993の考え

  1. Jubjub0527

    ニューヨークの他の地域と戦う自治区がニューヨークにあったとしたら、それは間違いなくスタテンアイランドのそばにあると思います。

  2. BeautifulVictory

    この投票の後、スタテンアイランドは他の都市と同様に利益を得たことに注意する必要があります。 埋め立て地を閉鎖してフェリーを無料にすることに加えて、バスからバスへ、そしてバスから地下鉄への無料送迎の利点もありました。 再び脱退するという話は冗談でしたが、スタテンアイランドは街の一部であるというメリットがたくさんあり、街に耳を傾けられていない大きな問題はないように感じます。

  3. Legitimate_Mousse_29

    LAもこんな感じです。 主要な水道にアクセスするには、市が管理する郡に参加する必要があるため、複数の小さな郡ではなく、このXNUMXつの大きな郡になります。 しかし、郡内にはあらゆる種類の小さなサブ都市があります。

    地獄のように紛らわしい。

  4. milespudgehalter

    スタテンアイランドの人はこちら。 彼らはマンハッタンへのフェリーを無料にし、埋め立て地を閉鎖することで私たちをなだめました。 *個人的に*、非ステレオタイプのスタテンアイランドの人として、メトロパークとニューアーク/ JCへの実行可能なトランジットリンクがあり、代わりにそれらのエリアの寝室の郊外として自分自身をブランド変更するために、ニュージャージーの一部としてより良いと思いますフェリーや高速バスでマンハッタンへの通勤に耐えるように人々に強いること。 しかし、私たちは1600年代にいくつかのレースに負けたので、それは決して起こりません。そして、私たちは次の世紀の間ニューヨークの冗談であり続けます。

  5. happywop

    OK、ニューヨークやニュージャージー以外の居住者として、スタテンアイランドに投げられたすべての日陰はどうですか? コメディアンでもオチとして使っています! 何が得られますか?

  6. 過度に

    あなたが地図を見るならば、それは本当にジャージーの一部であるはずです。

  7. ハロナブローホール

    離脱に関する大きな問題は、Fresh KillsLandfillでした。

    >>埋め立て地は1948年に一時的な埋め立て地としてオープンしましたが、1955年までに世界最大の埋め立て地になり[2]、2001年に閉鎖されるまでその状態が続きました。運用のピーク時の1986年にFreshKillsは29,000日あたり3トンの住宅廃棄物は、ニューヨーク市の廃棄物管理システムで重要な役割を果たしています。[1991] 4年から閉鎖まで、ニューヨーク市の住宅廃棄物を受け入れる唯一の埋め立て地でした。[90] 高さは225〜約30フィート(70〜約150 m)の5つのマウンドで構成され、約6億7万トンの固形廃棄物を保持します。 考古学者のマーティン・ジョーンズは、それを「世界の歴史の中で最大の人工建造物の中で」と特徴づけています。[8] [XNUMX] [XNUMX] [XNUMX]

    世界最大の都市のXNUMXつであり、スタテンアイランドはXNUMX年以上にわたってそこからすべての固形廃棄物を取り除くようになりました。

  8. 314159265358979326

    一方的な離脱は常に成功します。

    /s

  9. トリクサニー

    成功すれば……。 新しいヨーカーとして、私たちはそれらを主張しません!!!

  10. ヒアズトゥライフ

    ええ、私はここでSECEDINです!

  11. MotherofChoad

    私はスタテンアイランドで育ちましたが、4年生でSIアドバンスからの時事問題の記事を書いたことを覚えています。 島は文字通り、世界最大のゴミ捨て場やその他の問題を抱えて完成しました

  12. IJustWorkHere000c

    コロニー:私たちは離脱しています。

    イギリス:いいえ。

    植民地:わかりました

  13. nowhereman136

    NJは彼らを連れて行かないので、彼らは彼ら自身の州である方が良いです

コメント