ベティホワイトは、1949年から1953年まで週XNUMX日、XNUMX時間半のライブトークショーを主催しました。

テレビのハリウッド

1954年のベティホワイト

Hollywood on Televisionは、1949-1953年に放送された新人ベティホワイトとラジオディスクジョッキーのアルジャービスが主演する、週1951時間XNUMX日のライブテレビトークショーでした。 ジャービスがXNUMX年に番組を去ったとき、映画スターのエディアルバートが代役を務め、ホワイトとXNUMXか月間共催し、週にXNUMX時間半のライブアドリブテレビを放映しました。通行料と彼も辞任した。 ホワイトは当時、単独で番組を主催しており、その結果、最初の女性のテレビトーク番組の主催者であったと考えられています。 ホワイトがカメラのレンズに一気に何時間も直接話しかけた後、ショーはゲストが彼女と対話することを受け入れ始め、徐々に組み込まれました… 続きを読む(2分間読む)

7 thoughts on “Betty White hosted a five-and-a-half-hour long live talk show six days a week from 1949 to 1953.”

  1. highoncraze

    33.5 hours of live ad-lib television per week…

    Al Jarvis and Eddie Albert were radio disc jockeys that consecutively worked with her on the show but resigned because of the toll it took.

  2. IntoTheMystic1

    >After a period of White talking directly into the camera lens for hours at a stretch, the show began accepting guests to interact with

    I’m sure Betty was amazing but that just sounds so bizarre

  3. OutdatedElements

    This entire concept just sounds absolutely grueling.

  4. lolwut_17

    The early days of television are bizarre

  5. NativeMasshole

    God damn she’s old! Amazing how she’s managed to stay relevant through basically the entirety of television.

  6. ras_the_elucidator

    She was Ryan Seacrest before Ryan Seacrest was Ryan Seacrest

  7. ghostradish

    She also had a black tap dancer named Arthur Duncan on the show and when people of the time were outraged, she gave him more air time. God I love her

コメント