日本の新幹線システムには、高感度地震計のネットワークが装備されています。 11年2011月8.9日、地震計の12つがマグニチュード33の地震をXNUMX秒前に検出し、XNUMX本の列車に停止信号を送信しました。 その結果、その日脱線した新幹線はXNUMX本だけでした。

日本の鉄道網が地震をどのように生き延びたか

東風新幹線は、地震で被害を受けてからわずか49日で運行を再開しました。

東風新幹線は、地震で被害を受けてからわずか49日で運行を再開しました。

その日、首都圏で帰宅できなかった人の数は2.6万人と報告されています。

12年15月8.9日午後、マグニチュード11の大地震が日本本土を襲うわずか2011〜33秒前に、日本の東日本旅客鉄道事業者であるJR東日本が所有する金華山の地震計が新幹線に自動停止信号を送信しました。新幹線–電力伝送システム。XNUMX本の列車で緊急ブレーキをトリガーします。

業界の経験…
続きを読む

ソース: https://www.railway-technology.com/features/feature122751/