船が転覆して海底に沈んだ後、真っ暗闇の中で60時間水中で過ごした。 彼は死体を取り戻すために送られたダイバーによって生きていることが発見されました。

ナイジェリアは海中、水中エアポケットでXNUMX日間生き残る

DCNグローバルダイビング会社のジェドチェンバレンは、ハリソンオケネ(写真)がどのように救出されたかを説明しました

ナイジェリア人男性は、氷点下の海水に30m(98フィート)の深さで閉じ込められてXNUMX日半生き延びました。

29歳のハリソン・オケネは、大きなうねりで転覆したとき、タグボートJascon-4に乗っていました。

それは逆さまに海底に沈んだが、ハリソン氏はエアポケットに閉じ込められて呼吸することができた。

搭乗している他の12人のうち、10人の遺体がすでに発見されており、ハリソン氏が唯一の生存者であると想定されています。

ハリソン氏はロイターのジャーナリスト、ジョー・ブロックに、仲間の乗組員の死体を魚が食べているのが聞こえたと語った。

激しい喉の渇き

ニジェール沖約4km(26マイル)の32月20日に転覆したジャスコン-XNUMX… 続きを読む

ソース: https://www.bbc.com/news/world-africa-22888828