ホーム » 歴史 » バイキング時代の女性はどうでしたか?

バイキング時代の女性はどうでしたか?

スカンジナビアの歴史におけるバイキング時代は、西暦793年から1066年頃に記録されました。 この間、ノース人は大規模な襲撃と植民地化を続けることが知られていました。 彼らは暴力的であるというイメージを持っていましたが、彼らの女性はそれを異なっていました。

スカンジナビアのバイキング時代の女性は、並外れた自由度を享受していました。 当時、コミュニティの女性は財産を所有することができましたが、 離婚の要求、 結婚が終わったら持参金を取り戻します。

ヴァイキング時代について

ヴァイキングは激しい戦士と残忍な襲撃者であることが知られていました。 実際、彼らは暴力的な行動でより知られていました。 しかし、人々が忘れているのは、彼らが世界中に貿易ルートを設立した熟練したトレーダーでもあったということです。 彼らは入植地を始め、都市を設立し、そして彼らが行ったことのある場所の地元の文化に本当に永続的な影響を残しました。 (ソース: 歴史)

女性はバイキングになることができますか?

古ノルド語によると、 バイキング スカンジナビアからヨーロッパ、ロシア、北大西洋諸島、北アメリカなどの遠く離れた場所に西暦800年から1100年の間に遠征に出かけた男性にのみ適用されました。 技術的に言えば、女性はできませんでした バイキング。

以前の研究ではバイキングは男性のみのグループで旅行したと理論付けられていましたが、2014年に発表された新しい調査によると、ノース人の女性が実際にイギリスやアイスランドなどの他の無人地域への遠征で男性に加わっています。 これらの女性は、移住の過程で不可欠なエージェントでした。 (出典: 歴史)

バイキングコミュニティの女性は自由を持っていましたか?

当時の他の多くの文明と同様に、ヴァイキング時代は男性が支配的でした。 彼らは戦闘、狩猟、交易、農業を行いました。 女性が料理、家の世話、子育てを担当している間。 これらの性別の役割は、考古学者によって発見されたバイキングの埋葬で明らかでした。 男性は武器や道具で埋葬され、女性は針仕事、宝石、または家庭用品で埋葬されました。

しかし、注目に値するのは、バイキング時代の女性が当時、異常な量の自由を享受していたという事実でした。 女性は財産を所有し、離婚し、結婚が終わったときに持参金を取り戻すことさえ許された。

女性が12歳から15歳の間に家族が結婚を交渉することがよくありましたが、彼らはその取り決めに発言権を持っていました。 彼女が離婚したいのなら、彼女がする必要があるのは彼女の家に証人を呼び、彼らの前でそう宣言することだけでした。

男性が世帯主とされていたとしても、女性は家だけでなく配偶者の管理にも積極的な役割を果たしました。 ノース人の女性は尊敬され、国内地域で完全な権威を持っていました。特に、夫が遠征に出かけたときはそうです。 男性が不幸な出来事で亡くなった場合、彼の妻は永久に世帯主としての彼の役割を引き継ぎます。 (出典: 歴史)

ヴァイキング時代に女戦士はいたのか?

戦争における女性の役割について言及している記録は多くありません。 しかし、ビザンチン時代、歴史家のヨハネススカイリッツは、西暦971年のブルガリア人との戦いでヴァリャーグのバイキングと戦った女性を記録しました。 12世紀のデンマークの歴史家であるサクソグラマティクスは、 楯の乙女 男性のような格好をして、剣術やその他の戦争スキルを学ぶことに時間を費やしました。 (出典: 歴史)

コメント

%d このようなブロガー: