ホーム » アート&エンターテイメント » トルケインは、彼のファンタジードワーフを、正しい複数形が「ドワーフ」である小人症の人間と区別するために、「ドワーフ」の複数形として「ドワーフ」を普及させました。 ドワーフの比喩が定着したため、「ドワーフ」は現在、人間にとっても「ドワーフ」の標準的な複数形として広く認識されています。

トルケインは、彼のファンタジードワーフを、正しい複数形が「ドワーフ」である小人症の人間と区別するために、「ドワーフ」の複数形として「ドワーフ」を普及させました。 ドワーフの比喩が定着したため、「ドワーフ」は現在、人間にとっても「ドワーフ」の標準的な複数形として広く認識されています。

ドワーフ対ドワーフ

使用法

ドワーフは、名詞ドワーフの標準的な複数形です。 ドワーフは、英国の作家JRRトールキンがファンタジーフィクション作品で人気を博した(発明されていませんが)新しい変種で、ホビットやリングの主などがあります。 トールキンのつづりは、ファンタジーの世界の小さな人々を指すときに適切です。 ドワーフは他のどこでも優れています。 (ドワーフが現実の人々にとって礼儀正しい用語であるかどうかについては論争がありますが、ここでは取り上げません。)

ドワーフは、サイズを小さく見せることを意味する動詞としても機能します。 この意味で、ドワーフは、サードパーソンの単数現在形で、ドワーフではなく、屈折したドワーフです。

以下のngramは、ドワーフとドワーフの発生をグラフ化したものです(削除する定冠詞とともに… 続きを読む(2分間読む)

コメント