Home » 参照 » 人文科学 » 歴史 » フランス語とイタリア語はどうですか?

フランス語とイタリア語はどうですか?

人生のどの時点でもフランス語とイタリア語を学ぼうとしたら、XNUMXつの言語のいくつかの類似点を特定することができます。 しかし、これは単なる偶然ですか、それとも本当に似ていますか?

問題の真実は、フランス語とイタリア語が約89%の語彙の類似性を共有しているということです。 これは、人生でフランス語を聞いたことがないネイティブのイタリア人が、フランス語で読んだことを理解できることを意味します。逆もまた同様です。

起源について話しましょう

フランス語とイタリア語はどちらもロマンス諸語であることが知られています。 しかし、いいえ、私たちはそれらが最愛の人を懇願するためだけに使用されたという意味ではなく、代わりにそれらがラテン語から派生したという意味です。

ラテン語はローマ帝国の最盛期に使用された言語でした。 5世紀に帝国が崩壊したとき、他のいくつかの方言が生まれ始めました。 俗ラテン語はローマの領土内で非常に人気がありました。

今日、これらの派生言語のいくつかが使用されていますが、語彙と文法が類似しているのはほんのわずかです。

フランス語とイタリア語は同じ話を共有していますが、それらは異なる地域から発信されています。 ガリア人はローマ人に占領される前に最初にフランスを征服しました。 ゲルマン戦争後、現地の言語は変化し始め、ラテン語は発展し始めました。

フランスの植民地支配の進展により、フランス語はイタリア語よりもさらに広まった。 これがまさに、今日、フランス語が世界のほぼ30か国で公用語となっている理由です。 (出典: 言語スター)

フランス語とイタリア語はどう違うのですか?

それらは互いに非常に類似していることはわかっていますが、それらの違いについて話しましょう。

字句的に言えば、85%から90%は似ています。 XNUMXつの言語はまったく同じですが、発音と構文に違いがあります。 議論しましょう;

  • イタリア語のアルファベットは21文字で構成されています–16個の子音と5個の母音。 一方、フランス語のアルファベットは、現代英語のアルファベットとまったく同じように26文字です。
  • どちらの言語にも、特に代名詞と複数形の使用において、いくつかの文法上の違いがあります。
  • フランス語には定冠詞はありませんが、イタリア語では一般的に使用されます。
  • XNUMXつの言語の起源は同じかもしれませんが、特定の文字の発音はまったく異なります。 イタリア語では、喉音のフランス語はありません r 音。 代わりにわずかなトリルで発音されます。

フランス語とイタリア語の両方を話す人々に基づいて、あなたが適度にはっきりと話しているとしても、あなたがお互いを知っているだけでは会話をするのは難しいでしょう。 これは、発音、文法、さらには構文の違いによるものです。 (出典: 言語スター)

他のどのヨーロッパ言語が互いに似ていますか?

はい、他のヨーロッパ言語は互いに似ています。 重要な要素は、それらの基本的な起源とそれらの歴史を知ることです。

例は; スペイン語とポルトガル語。 さらに、ルーマニア語やロシア語など、一部の言語はロマンス諸語とは異なりますが、スラブ語に似ています。

しかし、フランス語とイタリア語がどのように似ているかと同様に、それらの使用方法と、人々が言語を自国独自の何かに進化させるのをどのように支援したかには大きな違いがあります。 (ソース: 言語スター)

「フランス人とイタリア人はどうですか?」についての1つの考え

コメント

%d このようなブロガー: