2000年のオリンピックで金メダルを獲得したスイマーのアンソニー・アービンに会いましょう。22歳で引退し、麻薬を乱用し始めました。一時はソファから何日も立ち上がれなくなりました。 2011年に彼は水泳に戻り、2016年のオリンピックでは、金メダルを獲得した最年長の水泳選手になりました。

金メダリストのアンソニー・アービンが麻薬問題と自殺未遂でオリンピック復帰

35歳で、元金メダリストのアンソニー・アービンがカムバックします

アンソニー・アービンの競技者の多くは、2000年シドニーオリンピックで突然金メダルを獲得したとき、突然引退する前に読み書きを学んでいましたが、今では彼の名前の綴り方を知っています。

日曜日に、アービンは4×100メートルの自由形リレーで金メダルを獲得するために米国を配置する予選レッグを固定し、彼が50代の頃から彼の最初のメダルを獲得しました。 今週の木曜日、彼はXNUMXメートルの自由形で競います。これは水生競技で最短かつ最速のレースです。

35年以来個々のオリンピックイベントで泳いだ最年長のアメリカ人であるアービン(1904歳)がそのような復活を遂げることができたとは、ほとんど予想していなかったでしょう。

「誰もいないと言っても過言ではありません… 続きを読む

ソース: https://people.com/sports/anthony-ervin-returning-for-olympic-gold-as-the-oldest-swimmer/