2015年、プリンスはレコードレーベルが嫌いなことを表明し、「レコード契約は奴隷制のようなものです。言葉を言うつもりです。」 彼は「若いアーティストには…署名しないでください」と結論付けました。 当時、彼はアーティストがストリーミングサービスから直接支払いを受け、仲介者を排除するのを見ることを提唱していました。

プリンスは土曜日の夜、ミネアポリスにあるペイズリーパークスタジオでの会合で、10人のジャーナリストのグループに「レコード契約は奴隷制のようなものだ」と語った。

彼のグループへの売り込みは単純でした。典型的なレコード会社の契約は、アーティストを年季奉公に変え、音楽の使用方法をほとんど制御できません。特に、オンラインで音楽を再生するストリーミングサービスからの収益に関しては、彼はそれを変えたいと考えています。

彼は、アーティストが音楽の使用に対してストリーミングサービスから直接支払われるのを見て、レコード会社や仲介業者がシェアを獲得できないようにすることを提唱しました。


ソース: https://www.npr.org/sections/thetwo-way/2015/08/09/430883654/prince-compares-record-contracts-to-slavery-in-rare-meeting-with-media

プリンスはメディアとのまれな会議でレコード契約を奴隷制と比較します

音楽のアイコンプリンスはアーティストの音楽ビジネスの将来を心配しており、彼の最優先事項は一言で言えば自由です。

プリンスは土曜日の夜、ミネアポリスにあるペイズリーパークスタジオでの会合で、10人のジャーナリストのグループに「レコード契約は奴隷制のようなものだ」と語った。 「私はどんな若いアーティストにも言うでしょう…署名しないでください。」

彼のグループへの売り込みは単純でした。典型的なレコード会社の契約は、アーティストを年季奉公に変え、音楽の使用方法をほとんど制御できません。特に、オンラインで音楽を再生するストリーミングサービスからの収益に関しては、彼はそれを変えたいと考えています。

ペイズリーパークでは、あらゆる種類のアルコールと同様に、携帯電話と録音装置がすべての人に禁止されていたため、彼の言葉の写真や音声は録音されませんでした。

プリンスは、男性と女性の星占いのシンボルを組み合わせたトレードマークのイメージで飾られたガラスのテーブルの頭に座って、ジェイZとラップスターの新しい音楽ストリーミングサービスであるタイダルとの新しい提携について話したかった。

彼は、ジェイZとの契約により、他の場所に登場する可能性のある曲で他のアーティストとコラボレーションする自由がどのように得られたかについて話し、アーティストが作品からの収益をできるだけ多く管理することの重要性を強調しました。

「私たち自身のリソースがあれば、私たちは自分たちに必要なものを提供することができます」と彼は言いました。 「ジェイZは、自分のサービスを構築するために100億ドルを自分のお金で費やしました。 自分で物を所有しようとしているアーティストをサポートする必要があります。」

彼は、アーティストが音楽の使用に対してストリーミングサービスから直接支払われるのを見て、レコード会社や仲介業者がシェアを獲得できないようにすることを提唱しました。 彼はまた、ラジオ業界の支配が全国のラジオ局を均質化したと言って、ラジオの巨人であるクリアチャネルを批判した。

どうやってメッセージを出すのかと尋ねられたプリンスは、笑いながら会議テーブルの周りに群がっているグループを見ました。 「それがあなたがここにいる理由です」と彼は笑った。