消毒用アルコールは、熱を検出するVR1受容体の温度しきい値を下げるため、開いた傷を刺します。そのため、自分の体の熱が灼熱感を引き起こします。

エタノールは、バニロイド受容体-1を介して侵害受容器応答を誘発および増強します

抽象

バニロイド受容体-1(VR1)は、カプサイシンによって誘発される灼熱感の原因となる熱依存性イオンチャネルです。 食道炎の患者さんがアルコール飲料を飲んだり、治療として注射でアルコールを投与したりすると、同様の感覚が報告されます。 ここでは、エタノールが一次感覚ニューロンを活性化し、食道、脊髄、または皮膚で神経ペプチドの放出または血漿の血管外漏出を引き起こすことを報告します。 三叉神経節または後根神経節の感覚ニューロン、およびVR1を発現するHEK293細胞は、濃度依存性およびカプサゼピン感受性の方法でエタノールに応答しました。 エタノールは、カプサイシン、プロトン、および熱に対するVR1の応答を強化し、熱のしきい値を下げました… 続きを読む(1分間読む)

「消毒用アルコールは、熱を検出するVR6受容体の温度しきい値を下げるため、開いた傷を刺します。これにより、自分の体の熱が灼熱感を引き起こします」に関する1つの考え

  1. Mutt1223

    それはその混乱の中で自分自身を傷つけます

  2. MyNameIsRay

    参考までに、エタノールはあなたを酔わせる楽しいアルコールです。

    イソプロパノールは消毒用アルコールです。

    この論文は、消毒用アルコールではなく、エタノールに関するものです。

  3. スマッシュモリア

    これは、カプサイシン(スパイシーフード)とメントールのしくみと似ていますか?

  4. Cromsmountain34

    痛みの受容体をオフにする錠剤はいつありますか?

    編集:副作用なし。

  5. anglosaxonarmadillo

    先日、これがどのように機能するのか興味があったので、文字通りこれを調べました。 私のランダムな考えを持っているためにちょうど数日待つべきでした。

コメント