ホーム » トラベル » パリの公共の噴水では、無料のきれいなスパークリング ウォーターが流れています。 住民は、店でボトル入りの水を購入する代わりに、ボトルに水を入れて家に持ち帰ります。

パリの公共の噴水では、無料のきれいなスパークリング ウォーターが流れています。 住民は、店でボトル入りの水を購入する代わりに、ボトルに水を入れて家に持ち帰ります。

パリはより泡立ち、環境に優しくなっています。 市は最近、さらに別のきらめく噴水を発表しました。 質問: 噴水からの水はきれいで、人間が消費できるものですか?

パリには、文字通り無料できれいな輝く水が流れる公共の噴水があります。 店でボトル入りの水を購入する代わりに、住民はボトルに水を入れて家に持ち帰ります。

無料の噴水水の歴史

1800 年代にさかのぼると、普仏戦争とパリ コミューンの後、都市が包囲されていたとき、新鮮な飲料水が不足し、法外に高価になり、貧しい人々が安価なアルコールに目を向けるようになりました。

それで、心のパリジャンであるリチャード・ウォレスという名前の英国の慈善家は、状況について何かをすることを決心し、彼が設計して資金を提供した噴水のアイデアを思いつき、パリ市と協力してパリ中に戦略的に配置されました.

これらは今では XNUMX 世紀以上前に作られ、ウォレス ファウンテンや忘れられがちな小さなモニュメントとして知られるようになりました。 それでも、伝統は続いており、サー リチャード ウォレスに偉大な遺産を提供し、ホームレスや助けを必要としている人々にライフラインを提供しています。 (ソース: Eツーリング)

すべてに無料アクセス

パリ市は何年にもわたって多くの追加の噴水を設置してきました。これらはすべて、水道から得るのと同じ飲料水を使用しています。 しかし、近年、ボトル入りの水を飲む傾向は、通常の水道水よりも健康的であると思われる代替品として、多くの人にとってライフスタイルの選択になっています.

実際、ヨーロッパは 2013 年以上にわたってボトル入り飲料水の主要な消費者であり、イタリアが先導し、ドイツ、ハンガリー、フランスがこれに続いています。 これは 2015 年と 2016 年のデータと一致していますが、ベルギーは XNUMX 年に XNUMX 位、フランスは XNUMX 人あたりの消費量で XNUMX 位でした。

フランス、特にパリでは、ペットボトルが劣化するのに何百年もかかり、地球規模の環境問題になっているため、ペットボトルの水を定期的に購入するのではなく、水道水または噴水からの新鮮な飲料水を使用するよう人々に奨励しようとしてきました。野生生物と海洋生物。 (ソース: Eツーリング)

彼らはさらに噴水を追加していますか?

以前に述べたように、パリ市は、主に観光名所の近くや街の有名なエリアに追加の新鮮な飲用水ポイントを設置し続けており、多くの公園や庭園でよく見られるようになり、多くの場合、伝統的な市の紋章が付いています。 12世紀から使われている。

実際、街の郊外からペリフェリック大通りまで伸びる 700 以上の飲用水噴水がありますが、それらはブローニュの森とヴァンセンヌの森エリアにもあり、一部のポイントでは現在、無料のスパークリング ウォーターを提供しています。通常のミネラルウォーターに。

そのため、シャンゼリゼ庭園のような場所では、非常に豪華な大型モデルのウォレス ファウンテンが今でも見られますが、パリでは押しボタン式の小型バージョンが最も一般的ですが、パリには他にもいくつかのタイプの飲料水ポイントがあります。パリでも、リフィル用に自分のボトルを持参することを忘れないでください。

ただし、冬季は凍結による被害の恐れがあるため、気象条件に応じてXNUMX月中旬からXNUMX月中旬まで給水所のみの営業となります。 (ソース: Eツーリング

コメント